Nowコロナの今やるべきことは、生き残ること!

経営者の方々は、新型コロナで不安な日々を過ごしていると思います。しかしながら、今回コロナで起こった現状を変えることは出来ません。起こった現実を冷静に分析し、受入れ、対処することが大切です。


1.コロナと今後

私は、リーマンショックの後の事業再生コンサルタントとして活動した経験から、

  • Nowコロナ:時系列として今を乗り切る
  • Withコロナ:第二波、第三波を想定したコロナとの共存
  • Afterコロナ:コロナ収束後

の3つの時系列を想定していくことが大切だと考えています。


2.コロナと事業継続

このような100年に1度と言われる異常事態もいずれは収まり、元の状態に収束します。一時的な売上高と利益の低迷で事業が継続出来ないことは悔やます。とにかく、生きて、生きて、生き延びて、死ぬことだけは絶対避けることです。大事なことは会社の資金(キャッシュ)の止血をすること、輸血をすることです。止血とは、無駄な経費や稼働の落ちた固定費の削減を行うことです。一つが、乾いた雑巾をさらに絞るように、家賃をはじめとした経費削減しキャッシュの流出を止めることです。輸血とは、公的融資を受けること、給付金・助成金を受けることで、キャッシュを注入することです。


3.コロナ支援策をフル活用しよう

新型コロナ禍の政府の支援は非常に手厚いことはありがたい限りです。情報収集をまめに行い、可能な限りの公的融資や給付金、助成金を受ければ、中小企業の多くはこの危機を乗り越えられるに十分なものだと思います。会社を維持するために、もらえる給付金はもれなくもらってください。今はたとえ黒字でも、ある日突然仕事が無くなる可能性があります、その時の備えと考えてください。雇用調整助成金をもらって、従業員を一人も解雇させることなく維持してください。



まとめ

“経営者の皆様が今とるべき対応は、とにかく資金繰りを繋げて延命すること”
新型コロナの影響で売上削減を余儀なくされた経営者の方々は、「今なにをすればよいのか?」分からず悩み苦しんでいる方も多いと思います。コロナ対策支援は多くあるものの、自社にはどれが適用になるのか正確に把握することは難しいです。クローバー会計事務所では、新型コロナ資金繰り対策コンサルティングとして貴社に必要な公的融資・給付金・助成金を迅速に洗い出し事業継続のサポートを行ってまいります。


税理士の新型コロナ資金繰り対策

新型コロナの融資、助成金の申請は、公的融資、公的助成金の相談を専門とする東京都中央区のクローバー会計事務所にお任せください!

03-6281-9509

電話受付時間:平日9:00〜18:00